お知らせ

2017/05/24
【6/22】「PCIDSSセキュリティフォーラム 2017」登壇のお知らせ
2017年6月22日(木)に日本カード情報セキュリティ協議会(JCDSC)が主催する「PCIDSSセキュリティフォーラム 2017」に講演企業として参加・登壇いたします。   2020年に向けたクレジットカード情報の安全確立のため、 カード事業者は“実行計画”に基づき、カード情報を非保持にするか、PCI DSSに準拠することが、期限つきで求められています。 この“実行計画”を法的な裏づけで強化する、割賦販売法の一部改正法が2016年12月に成立。カード情報の安全管理は、加盟店にも直接の義務になることもあり、クレジットカード取扱い事業者の動きが本格化しています。 こうした流れの中、日本カード情報セキュリティ協議会(JCDSC)が、カード加盟店や通販企業、サービス・プロバイダーの、PCI DSSへ効率的に準拠することを支援するため、このフォーラムを開催いたします。 NHN テコラスでは、16:00~ホールD5にてセキュリティ事業部 シニアマネージャー/CISSP 三浦が登壇いたします。ぜひご参加ください。   イベント名 PCIDSSセキュリティフォーラム 2017 日時 2017年6月22日(木) 10:00 ~ 16:40 (受付開始 9:30) 場所 東京国際フォーラム(有楽町駅前) 詳細情報  ▽16:00~    セキュリティ事業部 シニアマネージャー/CISSP 三浦康暢  PCI DSSを前提としたDB/Webシステムセキュリティの管理強化の観点     PCI DSSの認証取得では、DBやWebシステムに対するIDマネジメント、  ログ管理・監査証跡、脆弱性管理の強化検討が重要となります。  本講演では認証取得を目指す企業様向けに、PCI DSSの監査を意識した  DB/Webシステムのセキュリティ維持に有効な対策についてご紹介します。 詳細および登録については こちら
2017/04/17
NHN テコラス、セキュリティ事業における新たな展開として情報セキュリティ人材育成サービスの提供を開始
セキュリティ事業における新たな展開として情報セキュリティ人材育成サービスの提供を開始 アジアを中心に情報セキュリティ教育プログラムを展開するNSHC社と業務提携 NHN テコラス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:加藤雅樹、以下 NHN テコラス)は、セキュリティ事業におけるサービス拡充の一環として、このたび韓国・シンガポールを拠点に情報セキュリティ分野において高度な教育事業を展開するNSHC Pte. Ltd.(本社:シンガポール、CEO:Louis Hur、以下 NSHC)と業務提携し、新たに情報セキュリティ人材育成サービスの提供を開始することとなりましたのでお知らせします。 NHN テコラスは、NSHC社が保有する高度な情報セキュリティトレーニングプログラムを「TECHORUS SECURITY ACADEMY(テコラスセキュリティ・アカデミー)」として日本国内で展開、今年6月より本サービスの提供を開始します。 昨今、モバイル端末の増加やIoTの躍進、相次ぐ標的型攻撃による情報漏えい事件などにより、情報セキュリティ市場は拡大の一途をたどっています。※1 2016年に経済産業省が公表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、情報セキュリティ市場の拡大にともない、2020年までに情報セキュリティ人材の不足数は19万3,010人まで拡大すると予測されています。※2 2015年3月にセキュリティ事業を立ち上げ、2016年6月には「TECHORUS SECURITY」ブランドで新たにマネージドセキュリティ市場に参入したNHN テコラスは、これまで急速に変化するお客様のニーズにお応えできるよう、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドなどあらゆる環境に対して柔軟に対応するセキュリティサービスを提供してまいりました。このたびの「TECHORUS SECURITY ACADEMY」の提供開始により、当社はこれまで展開してきたセキュリティ製品の販売やコンサルティング、脆弱性診断サービス、マネージドセキュリティサービス(MSS)などの運用サービスに加えて、新たにセキュリティ分野における教育サービスを展開することとなります。NHN テコラスは、これを機に一層サービスの拡充に努め、これまで以上に充実したセキュリティサービスをお客様に提供してまいります。   なお、NSHC社との協業のもと「TECHORUS SECURITY ACADEMY」がラインナップするトレーニングプログラムは以下の3つです。当社では今後、最新のセキュリティトレンドに合わせてトレーニングプログラムを拡充していく予定です。 1. 【上級】 Web ペネトレーショントレーニング  2. 【上級】マルウェア分析トレーニング 3. ICS / SCADA セキュリティトレーニング 上記のトレーニングプログラムは(ISC)2 ※3が認定するCPEクレジット※4付与の対象予定です。 2017年6月から開始を予定しているトレーニングプログラムは、初回として「Web ペネトレーショントレーニング」と「マルウェア分析トレーニング」の2種類のプログラムを提供します。本プログラムは、海外のセキュリティハッキングコンテスト(DEFCON等)で入賞実績のあるNSHC社所属のホワイトハッカー講師により、全編英語で行われます。(質疑応答については、通訳をおこないます。) 詳細はこちらのURLをご覧ください。https://techorus-security.com/academy/ ■初回プログラムの概要     Webペネトレーション トレーニング マルウェア分析 トレーニング 概要 WebアプリケーションやWebセキュリティについて、Webペネトレーションテスティング※5の分野において豊富な経験を持つトレーナーにより、座学での講義だけでなく、ハンズオンによる実践的な演習を行います。 PCとモバイル端末に対するマルウェアの攻撃メカニズムを分析するための高度な技術、関連するフォレンジックやリバースエンジニアリングなどの技術を用いた分析手法についてハンズオン形式で解説します。 受講料(税抜き) 30万円 30万円 対象 ・セキュリティエンジニア上級者・OS/プログラミング/ネットワークの知識・セキュリティエンジニア経験 3年以上 ・セキュリティエンジニア上級者・OS/プログラミング/ネットワークの知識・リバースエンジニアリングの知識・セキュリティエンジニア経験 3年以上 日時 2017年6月28日~2017年6月30日(3日間)10:00 ~ 17:30 2017年7月3日~2017年7月5日(3日間)10:00 ~ 17:30 持参物 ノートパソコン(メモリ:8GB 以上、ハードディスク:20GB 以上) 開催場所 NHN テコラス株式会社 本社 セミナールーム〒105-6322東京都港区虎ノ門1-23-1虎ノ門ヒルズ森タワー22階 ※ ※NHN テコラスは5月に本社移転を行い、プログラムは移転先である虎ノ門オフィスで開催します。 ■申し込み方法 下記よりお問い合わせください。https://techorus-security.com/contact/ ■その他のプログラム概要 「ICS / SCADAセキュリティトレーニング」プログラム発電所、工場、輸送機関等を含む、産業用制御システム(ICS)および監視制御システム(SCADA)は、世界中で使用されているもっとも重要なシステムです。これらはサイバーテロなどの攻撃に対象になりやすく、巨大な事故を引き起こす可能性があります。本プログラムでは、ICS/SCADAのアーキテクチャから、SCADAシステムの安全性についての注意喚起及び実際エアーギャップ(閉鎖網)状態で行われる攻撃手法を紹介します。 このプログラムをきっかけにNHN テコラスとNSHCは各産業のセキュリティ政策に寄与してまいります。   なお「ICS/SCADA セキュリティトレーニング」プログラムは5月10日(水)から12日(金)に開催される「第14回 情報セキュリティEXPO春(http://www.ist-expo.jp/haru/)」当社ブース内にて、デモ展示を行います。   ※1 http://www.jnsa.org/result/2017/surv_mrk/data/2016_mrk-report_sokuhou.pdf※2 http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002-7.pdf※3 (ISC)2 (International Information Systems Security Certification Consortium:アイエスシー・スクエア)は1989年に設立された米国登録のNPO団体。※4 Continuing Professional Educations creditsの略。(ISC)2が認定する情報セキュリティの国際資格保持者が、資格維持のために取得する必要のあるポイント。※5 Webペネトレーションテストとは、外部ネットワークに接続されたシステム等に対し、実際に侵入(ペネトレート)・既知の攻撃を行い、脆弱性を調査するものです。 ■NSHC Pte. Ltd. について 会社名: NSHC Pte. Ltd.CEO:Louis Hur所在地:8 Shenton Way, #04-01 AZA Tower, Singapore 068811設立:2004年URL:http://nshc.net/ ■NHNテコラス株式会社について 所在地:東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア13階 代表取締役社長:加藤雅樹設立:2007年4月事業内容:セキュリティ事業・ITインフラソリューション事業URL :https://nhn-techorus.com/ ※記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。    
2017/04/10
【5/30】CSA Japan Summit 2017 協賛のお知らせ
 当社は5月30日(火)開催「CSA Japan Summit 2017」に協賛スポンサーとして参加することとなりましたので、お知らせいたします。 今回のテーマは、「新しい地平に突入したクラウドとセキュリティの脅威」です。クラウドファーストからクラウドネイティブに進む中で、AI、Fintech、IoT、HIM、教育、Blockchain、すべてにおいてその技術開発や応用がクラウドの存在を前提としたものになっています。一方、セキュリティの脅威は、既に戦略手段であるか組織犯罪手段であるかのケースが大半となり、完全に国家や経済・社会が正面から取り組まなければならない課題になっています。 今回のCSA Japan Summit 2017では、この二つの視点から様々な最先端のトピックを網羅し、今、クラウドとセキュリティの接点で考えておかなければいけないことを概観していきます。ITの最前線に携わる人々の参考に供するとともに、クラウドのより広い、より深い、かつよりセキュアな活用を促進する一端を担えることを期しております。 イベント名 CSA Japan Summit 2017 日時 2017年5月30日(火) 10:00~ (9:30 開場) 参加費 イベント無料(事前登録制) 場所 東京大学伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール [MAP] 詳細情報 イベントの最新情報は下記サイトでご確認ください。 CSA Japan Summit 2017