セキュリティ人材育成

セキュリティ人材育成に関するお悩みを解決

CPEクレジット対象講座

サイバーセキュリティに対する知見と専門人材の確保は、絶え間なく進化する脅威の増大に直面している企業や政府機関にとって、重要な要件となってきています。高度なセキュリティ技術の知識を持った専門家を育成し、そのスキルを向上させていくことは、今後IT戦略を推進していく上で、危機管理の観点からはずせない要素です。

セキュリティ人材育成に関するお悩みを解決
「TECHORUS SECURITY ACADEMY」では、サイバーセキュリティにおいて、高度でより実践的なセキュリティトレーニングの分野において、ワールドワイドで実績を持つNSHC社※からトレーナーを迎え、より高度な技術力をもったセキュリティの専門家の育成の為の実践的なハンズオントレーニングを行っております。

本講座は、国際的な情報セキュリティ人材評価におけるゴールドスタンダードとなる認証制度を開発、提供するNPO法人(ISC)2が認定するCISSPをはじめとした情報セキュリティ ・プロフェッショナル認証資格者向けCPEクレジットの対象講座になっています。

こんな企業におすすめ

  • 直接ハンズオンで攻撃方法を体験し、
    防御方法を身につけたい
  • 現場で活かせるような実践的な
    セキュリティスキルを体系的に習得したい

受講コースの紹介

WEBペネトレーショントレーニング

WebアプリケーションやWebセキュリティについて、Webペネトレーションテスティングの分野において豊富な経験を持つトレーナーにより、座学での講義だけでなく、ハンズオンによる実践的な演習を行います。

詳細はこちら
WEBペネトレーショントレーニング
マルウェア分析トレーニング

PCとモバイル端末に対するマルウェアの攻撃メカニズムを分析するための高度な技術、関連するフォレンジックやリバースエンジニアリングなどの技術を用いた分析手法についてハンズオン形式で解説します。

詳細はこちら
マルウェア分析トレーニング
ICS / SCADAセキュリティトレーニング

サイバーテロなどの攻撃対象になりやすい産業用制御システム(ICS)および監視制御システム(SCADA)について、アーキテクチャからSCADAシステムの安全性、セキュリティ上注意すべき項目、実際に行われる攻撃手法などをハンズオン式で解説します。

詳細はこちら
ICS / SCADAセキュリティトレーニング

NSHC セキュリティトレーニングを行う講師の実績

  • 世界的なコンテストでの入賞実績
    • CODEBLUE Hack2Win 2016 – Winner
    • CODEBLUE Hack2Win 2015 – Winner
    • DEFCON 21th, 14th CTF - Advance final
      match & 8th
    • DEFCON 15th, 17th CTF - Advance final
      match & 6th
    • DEFCON 7th , CTF - Advance final match
      (USA)
    • DEFCON 18th , CTF – 2th (USA)
    • DEFCON open Capture The Flag 2008 – 2th
      (USA)
    • DEFCON Capture The Packet 2010 – 2th
      (USA)
    • ISEC 2010 CTF – 1st Winner (S.KOREA)
  • 世界のセキュリティ会議での登壇実績
    • 2016 IAEA – Vienna, Austria
    • 2016 BLACK HAT – Amsterdam
    • 2015 Hong Kong Cyber Security Symposium
    • HITCON 2013, 2014 Speaker (TAIWAN)
    • CISO Forum 2013, 2014(S.Korea)
    • SecuInside 2013, Speaker (S.Korea)
    • Black Hat 2011, Speaker (UAE)
    • CanSecWest 2011, Speaker (CANADA)

過去のトレーニングの様子

ICS/SCADA Security Training
at Airport Simulation
2017
IRAN ICS/SCADA Security Training