アイクリーム くま

MENU

アイクリームで目元のくまを改善

目元の悩みで多いのがくまです。

 

最近では、目元のくま対策としていろんなケアアイテムが発売されています。
(例えばアイクリーム くま対策なんかはとっても人気)

 

 

 

くまは色素の沈着や血行不良、たるみなどいろいろな原因を引き起こし、茶くま、青くまなどの症状を引き起こすこともあります。

 

茶くまは色素沈着やシミ、ソバカスが集まって茶色く見える状態です。

 

黒くまは目の下の皮膚がたるんでいる状態になり、老化によってハリが無くなってたるんでしまうことが原因になります。

 

青くまは血行不良、冷え性、寝不足によって生じます。

 

このようにくまの色によってどんなタイプになっているのか知ることができます。

 

くまを引っ張ったときに薄くなるならば青くまとなり、顔を上に向ければ黒くまとなり、くまを引っ張っても薄くならないのは茶くまになります。

 

また、パソコンに長時間向かって、同じ姿勢で作業を行い運動などをあまりしなければ青グマになることがあります。

 

目元のたるみが気になったり、ほうれい線が気になったり顔が下がって見えるならば黒くまになります。

 

マスカラなどでアイメイクをバッチリ行い、目元専用のクレンジングを使用せず、目をよく擦すり、シミやソバカスができやすいならば茶くまになります。

 

青くまの場合は血行促進をしてあげればいいので、入浴や運動を行うことができ、黒くまは目の筋トレ、茶くまはアイメイクを優しく落とすなどして改善を図ることができます。

 

ただ、アイクリームを使用して改善させる方が効果は期待できます。

 

くまによって必要な成分などには違いがあるので、しっかりと自分のくまに合わせたクリームを使用する必要があります。

 

黒くまであればキラリエアイクリーム3というものを使用すると効果があります。

 

クリームの肝となる、成分生レチノールをたっぷりと配合しています。

 

また、茶くまであればグラシュープラスというアイクリームを使用することができます。

 

プラセンタ、ヒメフロウエキス、シルバーバイン果実エキスの3つの美白成分配合されており、茶くまの色素沈着に効果を発揮しやすいです。

 

青くまであれば、ニールズヤード レメディーズというアイクリームを使用することができます。

 

クチナシ幹細胞エキスやカフェイン、ボタニカル成分などの相乗効果によって血行促進を促してコラーゲンが退化していくのを緩和していってくれます。

 

明るくメリハリのある目元へとしていくことができます。

 

このようにして、アイクリームを自分のくまに合わせて選ぶことで効果の発揮に違いがあります。

 

どのクリームも一定の効果はあるかもしれませんが、しっかりと選択するようにしてください。

更新履歴